四日市高校・四日市南高校を目指す生徒さんへ、
北勢地区にて20年以上数多くの生徒を合格へと導いてきた講師と、その指導の下、10年以上テクニックを習得し、わかり易い指導に定評のある講師が、直接指導いたします。
三重県の選抜試験の傾向や、過去の合格実績などから、的確にアドバイスいたします。
詳しくは当ブログをご覧いただき、ご検討ください。
「お問い合わせ」および「お申込み」は、、こちらから。
または、Phone 080-4305-1119 まで。

『四日市ゼミ』構想 入塾案内

解けることが気持ちよくなる瞬間から、思考力が開花する

この時期、生徒たちが、勉強にのめり込む姿が見られます。

もちろん受験だからというのは大前提ですが、

問題を解くことにとても積極的になっているようで、

ゲームをするような、クイズを解くような感覚で、

問題を読み取り、どこかにとける工夫はないか、

設問に解くカギがあるのではないかと、

真剣に問題に向かっていくのです。

本来勉強というのは、一つ一つの問題すべてに説明を入れて理解して

その問題だけに正解を出すのでなく、、

その問題を元にして、違う問題が現れても解けるためのものです。

それを使って、新しい何か、またはほかの知識を入れ込むために

あるのだと考えます。

だからこそ、テストにおいて結果を出すことで、

全体がわかっているかを確認するのです。

入試においてはその3年間の集約で、

その知識は使えるのか、

相手に伝えらて、納得されるものなのかを尋ねられるのです。

そして、次の段階で、社会に出て、それこそ自分で使えるものにならなければなりません。

そんな勉強に対して、どういった覚え方をすればいいのでしょう。

ともすると問題を読みながら、すぐに答えを出そうとする生徒に、

全体を見ることを告げるだけで、解答の仕方が全く違うものになることがあります。

かなり完璧な正解を出すのです。

確かに言い方にもテクニックは必要ですが、

ちょっと違った方面から見るだけで、これだけ違うのかと思うことがあります。

そんな生徒が、問題の意図を探し出そうとすると、

もうとんでもないひらめきを発揮してくれます。

決して楽しんで勉強に向かっているわけではないかもしれませんが、

その中で、解けた時の満足そうな表情や、解こうと意欲をもって取り組む様子に、

解かるワクワク感が垣間見えます。

せっかくの知識、使わない手はありませんよね。

327f5439c5173600c5c2a9f09b42cd34_s.jpg


四日市高校、四日市南高校等トップ校を希望しているが、
ある科目だけが点数が足りない…その科目さえ点数が伸びれば、
どうにか合格できそうなのに…

そんな悩みを抱えていませんか?

今の状態でその科目が伸びる手ごたえを感じていますか?

感じられていないとか、
自信が持てない等の不安があるようでしたら、
第三者視点としてまず四日市ゼミにご相談下さい。

四日市ゼミは、
・自分の疑問に対して的確な説明がある塾です。
・静かに勉強に集中できる空間を確保している塾です。
・1科目から徹底的に鍛え上げる塾です。

https://ssl.form-mailer.jp/fms/72917d23342254




posted by 4south | 講習の成果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自ら考える方向に意識を持っていける生徒の学習法

『四日市ゼミ』は、個別指導を行っています。


一斉授業と比べての利点を考えてみると、

ある程度、学校で知識を得て、それで基本がしっかり入っている生徒に対して、

素晴らしいマニュアル講義を行える講師がいても、すでに入っている生徒にとって、その時間を共有するのは利点なのか。

学校の授業よりも先取りをすることで、理解の幅が深まるのは、どのランクの生徒なのか。


全く入り切っていない生徒に対して、知識を確実にするために何度も同じような説明は利点とはなるかもしれません。


逆に、ある程度理解できている生徒に対しては、確認するための演習と、

それによって、個々における視点を違えた説明が効率的であり、

本人にとっても、理解を深めるためには有効であると考えます。

わからない生徒に付き合っている時間というのが、

良い方向へと導いてくれる時間になるのかどうかは、精神論として本人次第ではありますが、

知識を入れ込む時間だけと割り切って考えると、

意識が勉強へと向かっている状態にある生徒にとっては、

わかっている部分を演習に置いて確認でき、わかっていない部分を覚え込む時間として説明を聞ける個別授業は、効率的であり、集中できる空間として最適ではないかと考えます。


実際に、自分が理解できている部分と、理解できていない部分を自分できちんと見分けられる生徒こそ、

吸収できる率が高いと認識しています。

わからないと言っても、答えは出せる人も尋ねてきます。

そういった、確実に入れ込めていないと感じる生徒が、本当に入れ込めた時の強さ。

ここまではわかるが、この部分があやふやであると、自分の理解しきれていない部分を的確に説明できる生徒が本当に理解できた時の強さ。



マニュアル通りの基本的な指導をしてきた指導者にとっては面倒な生徒かもしれません。


でも、そんな生徒こそこちらにとっては、とても意欲的に話す様子を見るにつけても、その表情を理解できた表情に変えられた時、本人以上に喜びを感じます。



私自身、教科という勉強以外の知識をつけるために、いろんなセミナーや会に参加することがあります。

その時、自分に利益があると考えるから参加しようとするのですが、

ともすると相手が提供してくれる内容を手に入れるだけで、行動に移さずに満足してしまう。

感動するだけで進歩がない状態で終わる人もいるかもしれません。

人は何を期待していくのか。

そんなうまい話はないと思いながら、たぶん完全に受け身であり、行けば何もしないで得が勝手に転がり込んでくるのではないかと考えてしまっているのかもしれません。

そして、なんだこんなものかとがっかりして、意味のない知識として、騙された感満載で悔やむ人もいるのでしょう。

もちろん、それを糧にして成功する人もいるのでしょうが。



生徒たちにも言えることです。

意欲的な生徒は、自然に自分の中で今までの知識を応用して、もっと難易度の高い問題にも適応できる体制にしていく。そのために的確なアドバイスを与えられるのが、指導だと考えます。

でも最終的には、生徒本人が出された問題ごとに自分の中に入れ込めた知識をうまく引っ張り出して、点数化できていくのです。

ただただ受け身では、そこまで展開していくことは難しいし、

塾に来たからには先生が何とかしてくれるだろうという考えでは、知識はそうそう入っては来ません。


なかなか入り込みが悪くとも、本気で覚えたいという意識さえあって、その意識で時間を使ってくれさえすれば、

人は必ず上り詰めることが出来ると考え、実際効果も出ています。


より高い知識を求める生徒をより高みに引き上げる指導ができるように、

入れ込もうとする意欲のある生徒一人一人に有益な的確な説明を心がけています。


そして、そんな意識で受け止めてくれる生徒は、必ず結果を出してくれるのです。



https://ssl.form-mailer.jp/fms/72917d23342254

5a8bfee5b79a6ced7ac32401d23e3ada_s.jpg


四日市高校、四日市南高校等トップ校を希望しているが、
ある科目だけが点数が足りない…その科目さえ点数が伸びれば、
どうにか合格できそうなのに…

そんな悩みを抱えていませんか?

今の状態でその科目が伸びる手ごたえを感じていますか?

感じられていないとか、
自信が持てない等の不安があるようでしたら、
第三者視点としてまず四日市ゼミにご相談下さい。

四日市ゼミは、
・自分の疑問に対して的確な説明がある塾です。
・静かに勉強に集中できる空間を確保している塾です。
・1科目から徹底的に鍛え上げる塾です。

https://ssl.form-mailer.jp/fms/72917d23342254
お申し込みフォームは、


posted by 4south | 『四日市ゼミ』構想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする